『 NO MUSIC, NO LIFE. 』 タワーレコードの公式通販

2020年05月10日

チェリビダッケ ベートーヴェン交響曲第7&8番

こんにちは、
ともやんです。

新型コロナウイルス禍のもと、クラシック音楽を聴く時間が増えて喜んでいましたが、流石に自宅待機も2ヵ月目に入り、アルバイトも全くできないので、経済的に苦しくなってきました。

なんとか、6月からある程度戻ってほしいと思います。

さて、セルジュ・チェリビダッケ(1912-1996)とミュンヘンフィルのライブ録音による、べートーヴェン交響曲第7番と第8番を聴きました。

非常にユニークな演奏なので、ある意味とっても楽しめます。

チェリビダッケのベートーヴェン交響曲第7&8番を聴いて


最初に言わせて頂くと僕はチェリビダッケの演奏をあまり聴いていません。だからイメージもあまり掴んでいないし、ただ、『カラヤンとフルトヴェングラー』中川右介著などで、だいたいどんな人なのかは、朧げにつかんでします。

第二世界大戦後、フルトヴェングラー復帰までの尽力と、その後の両巨頭時代の功績は、誰もが認めるだけです。

だから、周囲からは、フルトヴェングラーの後継者と見られていたのに、フルトヴェングラー亡き後は、カラヤンが終身指揮者となり、チェリビダッケは、その功績が抹殺されるようにベルリンフィルを去ってしまいました。

チェリビダッケが、フルトヴェングラーの後任になっていたら、ベルリンフィルのスタイルも全く違っていたのではと好意的に言う人もいるらしいですが、個人的には、多かれ少なかれ、楽員たちと対立して、去る運命だったと思います。

そんな個性と言うかアクの強さがこの演奏にも出ています。

まず、第7番は最初から、テンポの遅さに驚かされます。
クレンペラー的な大理石にノミを打ち込むような刻明さとは違い、なにか瞑想的な雰囲気です。そしてもっと驚くのは、主部に入ってからの躍動感のなさです。

オーボエで奏される主題は、弾むような躍動感で演奏されることが多いですが、チェリビダッケは、まるで跳ねないよう、弾まないようにしているみたいです。
しかし、それがのっぺりすることなくこの曲の旋律の美しさを際立出せています。

このスタイルは、続く第2、3楽章も同様です。

そして終楽章もそのスタイルは変わりませんが、大きくうねりながら盛り上がって行きます。テンポはほとんど変わらず、遅いだけにその興奮はじわじわとやってきます。

演奏終了後、一呼吸おいての歓声と拍手がその感動を物語っています。演奏時間約43分は、聴いたなあっていう満足感を与えてくれる演奏です。

第8番は、第7番の6年後の演奏ですが、同日の公演じゃないか、というほどよく似た演奏です。
まず度肝を抜かれるのは、イントロのティンパニの一打。
これで気合を入れられて、ちゃんと聴けよ!と姿勢を正された思いです。

あと感銘を受けたのが、ミュンヘンの観客。
どっかの国の演奏が終わるか終われないかで、蛮声のようなブラボー屋がいないのが最高です。

チェリビダッケの演奏が終わった、一呼吸置いて余韻を噛み締めてからの拍手と歓声でした。

チェリビダッケの演奏同様、観客も素晴らしいです。

録音日時
第7番:1989年1月20日 ミュンヘン
第8番:1995年1月4日 ミュンヘン

icon



iconおすすめサイト
posted by ともやん at 11:37| Comment(0) | クラシック名盤 名演奏100 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月09日

伊福部昭 SF交響ファンタジー 全曲

こんにちは、
ともやんです。

現在の新型コロナウイルスの対策に苦慮する政府の対応を見ていると、2016年に公開された映画『シン・ゴジラ』を思い起こします。

この映画は、東宝のゴジラシリーズの第29作目として、前回から12年ぶりに製作された映画です。

脚本と総監督が庵野秀明、監督と特技監督を樋口真嗣が担当し、ゴジラの襲来によって“巨大生物災害”に見舞われた首都圏をいかに防衛していくかが政治家を中心に描かれている作品です。

現代日本が持つ、政治力、防衛力で、ゴジラに立ち向かう人間たちを圧倒的なリアリティによって描いた、まるで災害対策のドキュメンタリーを見るようでした。

また、音楽でも第1作の時の伊福部昭が作曲した有名なゴジラのテーマが出てきて、ゴジラファンにとっては嬉しい限りでした。

伊福部昭 特撮映画音楽集


さて、ゴジラ映画は、日本で29作、ハリウッドで3作、製作されました。また、今年3月にハリウッド版『ゴジラ対キングコング』が公開予定でしたが、新型コロナウイルスの影響で、11月に延期されてしまいました。早く観たいものです。

今回、ご案内するのは、映画『ゴジラ』はじめ、伊福部昭が手掛けた特撮映画音楽のシンフォニック・ヴァージョンを集めたアルバムです。

しかも演奏が、広上淳一指揮日本フィルハーモニーですから、映画の不気味さや迫力を見事に表現しながら、格調の高さも忘れていません。

ゴジラ映画ファンのみならず、伊福部昭の世界を堪能できる名盤です。

伊福部昭 SF交響ファンタジー第1番〜第3番

『SF交響ファンタジー第1番〜第3番(全曲)』

伊福部昭 SF交響ファンタジー第1番〜第3番(全曲)
広上淳一指揮日本フィルハーモニー交響楽団

icon


iconおすすめサイト


posted by ともやん at 21:20| Comment(0) | クラシック名盤 名演奏100 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月05日

ザンデルリンク ブルックナー交響曲第4番"ロマンティック" おすすめ

こんにちは、
ともやんです。

クルト・ザンデルリンク(1912-2011)は、ドイツ出身の指揮者で、戦前ナチスドイツから逃れ、ソ連に渡り、ムラヴィンスキーの下でレニングラードフィルの指揮者を務め、東ドイツでも活動を続け、後に西側に活動の拠点を移した人です。

同い年のチェリビダッケ、ヴァントに比べ存在感が薄いようですが、個人的にはブラームスの交響曲全集というとまずザンデルリンクを思い浮かべます。

私が運営しているクラシック名盤 感動サロンでも2018年11月18日に不遜にもサンデルリンクの名演として誉れ高いブラームス交響曲第1番の聴き比べなんていう記事まで書いています。

さて、この人は地味ですが、その残された録音を聴けば凄すぎる人だったことが伺えます。
今週は、勝手にザンデルリンク・ウィークなんて名付けて、ザンデルリンクの名演をお届けました。

<h2>クルト・ザンデルリンク・エディションより</h2>

ポリドールから、CD11枚組で『クルト・ザンデルリンク・エディション』が出ています。これは、ベルリン交響楽団とのブラームス交響曲全集を軸に、ブルックナー、ベートーヴェン、ラフマニノフの名演が収録されています。
売りとしては、ブルックナーの第4番、ベートーヴェンの"田園"に加えて、CD4枚分のラフマニノフが収録されているということです。

さて、1枚目のブルックナー交響曲第4番を聴きました。

ザンデルリンクの演奏は、弦主体で金管や打楽器をやや抑え気味にする傾向があり、それが地味と感じる場合はありますが、このブルックナーは最高です。

自然体で深い呼吸を第2楽章の深沈として演奏は、心が洗われます。またさすがバイエルン放送響の自然なアンサンブル、心をくすぐる木管の響き、厚みにある弦など、ザンデルリンクの深い息遣いと共に聴き終わった後に、ああ、素晴らしい時間を過ごしたと感じさせます。

なお、hmvのサイトでは、単独盤でお取り寄せが可能なようです。

ザンデルリンク&バイエルン放送響 ブルックナー"ロマンティック"


アントン・ブルックナー - Anton Bruckner (1824-1896)
交響曲第4番 変ホ長調 「ロマンティック」 WAB 104 (1886年稿・ノヴァーク版)
Symphony No. 4 in E-Flat Major, WAB 104, "Romantic" (1886 version, ed. L. Nowak)

1.(20:01) I. Bewegt, nicht zu schnell
2.(16:19) II. Andante quasi allegretto
3.(11:27) III. Scherzo: Bewegt - Trio: Nicht zu schnell
4.(23:01) IV. Finale: Bewegt, doch nicht zu schnell
total(70:48)

バイエルン放送交響楽団 - Bavarian Radio Symphony Orchestra
クルト・ザンデルリンク - Kurt Sanderling (指揮)
録音:1994年11月4&5日/ミュンヘン、ヘルクレスザール(ライヴ・
デジタル)


icon


icon
おすすめサイト


posted by ともやん at 08:07| Comment(0) | クラシック名盤 名演奏100 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする