『 NO MUSIC, NO LIFE. 』 タワーレコードの公式通販

2019年09月15日

クレンペラー ブラームス ドイツレクイエム

こんにちは。

ともやんです。

オットー・クレンペラーのブラームス・レクイエムがいいです。

クレンペラーが、フィルハーモニア管と録音した交響曲全集、序曲集とドイツレクイエムが収録されているセットがおすすめです。

ブラームスは、あるとき、シューマンのノートに「ドイツ・レクイエム」と書いていあるのを発見して一つの暗示を受けました。

やがて、崇拝するシューマンの悲惨な死と、愛する母の死に遭遇して、この曲を作る動機を持ったと伝えられています。

レクイエムは日本語で鎮魂歌と訳されるように、死者の冥福を祈るためにカトリック教派でラテン語の聖句によって歌われるものです。

しかし、ブラームスはルターのドイツ語訳による新旧約聖書の聖句をとって、純然たるドイツ的なものを作ろうとしたのです。

この曲は、約10年の歳月を費やして完成されました。

1866年の2月から8月にかけて1、2、3、4、6、7の各楽章を書きました。

残りの第5楽章は、1867年5月にハンブルクで書き上げ、やっと全曲を完成しました。

そして、全曲の初演は、1869年2月18日、ライプツィヒのゲヴァントハウスで、ライネッケの指揮のもとで行われました。

エリーザベト・シュヴァルツコップ - Elisabeth Schwarzkopf (ソプラノ)
ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ - Dietrich Fischer-Dieskau (バリトン)
フィルハーモニア合唱団 - Philharmonia Chorus
フィルハーモニア管弦楽団 - Philharmonia Orchestra
オットー・クレンペラー - Otto Klemperer (指揮)

こんにちは。

ともやんです。

オットー・クレンペラーのブラームス・レクイエムがいいです。

https://amzn.to/2UU5yhD

クレンペラーが、フィルハーモニア管と録音した交響曲全集、序曲集とドイツレクイエムが収録されているセットがおすすめです。

ブラームスは、あるとき、シューマンのノートに「ドイツ・レクイエム」と書いていあるのを発見して一つの暗示を受けました。

やがて、崇拝するシューマンの悲惨な死と、愛する母の死に遭遇して、この曲を作る動機を持ったと伝えられています。

レクイエムは日本語で鎮魂歌と訳されるように、死者の冥福を祈るためにカトリック教派でラテン語の聖句によって歌われるものです。

しかし、ブラームスはルターのドイツ語訳による新旧約聖書の聖句をとって、純然たるドイツ的なものを作ろうとしたのです。

この曲は、約10年の歳月を費やして完成されました。

1866年の2月から8月にかけて1、2、3、4、6、7の各楽章を書きました。

残りの第5楽章は、1867年5月にハンブルクで書き上げ、やっと全曲を完成しました。

そして、全曲の初演は、1869年2月18日、ライプツィヒのゲヴァントハウスで、ライネッケの指揮のもとで行われました。

エリーザベト・シュヴァルツコップ - Elisabeth Schwarzkopf (ソプラノ)
ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ - Dietrich Fischer-Dieskau (バリトン)
フィルハーモニア合唱団 - Philharmonia Chorus
フィルハーモニア管弦楽団 - Philharmonia Orchestra
オットー・クレンペラー - Otto Klemperer (指揮)



【LPレコード】 Brahms: Ein Deutches Requiem オットー・クレンペラー 、 フィルハーモニア管弦楽団
posted by ともやん at 10:43| Comment(0) | クラシック名盤 この一枚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。


クラシック 名盤」の先頭へ