2017年07月09日

クラシック名盤 エーリッヒ・クライバー1930年

CAM01581-2.jpg
リヒャルト・シュトラウス(1864-1949)
「ティル・オイゲンシュピーゲルの陽気ないたずら」作品28
エーリッヒ・クライバー指揮
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
1930年録音

エーリッヒ・クライバー(1890-1956)は、
あのカルロス・クライバー(1930-2004)の父親です。
両者の写真を見ていると、目元なんか似ていますね。

高潔な人で、ユダヤ系ではなかったけど、ナチスを嫌って
南米のブエノスアイレスに渡り、そこで活動しました。

戦後、ヨーロッパに戻り54年にはベルリン国立歌劇場の主席指揮者になるも
政治的な理由で辞任。
56年にウィーンフィルとのアメリカツアー前に死去。
実力ほどの活躍が出来たかというと経歴を見ると残念です。

リヒャルト・シュトラウスの演奏は、明快な颯爽とした演奏で、
躍動感溢れるところなんか、息子のカルロス。クライバーに
に引き継がれているのかもしれません。

クラシック名盤 感動サロン
↑ ↑ ↑
こちらもお楽しみください。

にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村
ポチっとクリック応援をお願いします。

posted by ともやん at 00:54| Comment(0) | クラシック名盤 指揮者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。


クラシックの名盤」の先頭へ